渋滞なしで春の吉野山の桜を楽しむ方法

160305_02

奈良県の中部にある吉野町は国産のヤマザクラの群生地として知られている。この山桜は4月の初旬から開花をはじめるが自生するエリアによって開花~満開に至るまでのタイミングが異なる。

エリアによって下千本、中千本、上千本、奥千本と分けられており、4月中は必ずどこかのエリアでこのヤマザクラを楽しめるようになっている。全国でも屈指の桜の名所であるため多くの観光客が訪れる。そのためツーリングでこの山を訪れると渋滞などにより少し楽しめない状況となる可能性がある。また、交通規制による入山制限もかかる。

渋滞なしで春の吉野山の桜を楽しむ方法

自治体HPでも公共交通機関の利用を呼びかけているが春の吉野をバイクで満喫する方法は存在する。往路は日の出までに現地に到着すること。復路は午前中までに撤収することで渋滞を回避することは可能だ。また、奥千本まで登れば地域一帯を眺められる見晴らしの良さもあり運がよければ雲海も見ることが出来る。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事


ページ上部へ戻る