深海魚の刺身盛り合わせ

PENTAX DIGITAL CAMERA

天気の良い休日には、無性にツーリングに出かけたくなります。
私の場合、どうしても食がメインになりがちで、どこか遠くへひたすら走るというよりは、何か食の目的を持ってそこに向かって走るというパターンが多いです。そして自宅の横浜から近く、かといって近すぎず、そんな場所が私流ツーリングには最適です。あまり遠いと、リフレッシュになるどころか全身の疲労で週明けからの仕事に差し支えが出てしまいますから。

そんなお気楽派の私は、自宅の横浜から4時間ほどの行程の西伊豆にある沼津市の戸田港が気に入っています。戸田港は深海魚料理が自慢で、都心では絶対に食べられない魚が大いに味わえるので、わざわざ行く価値があるってもんです。特に戸田港で気に入っている店は「魚重食堂」、ここで深海魚の刺し身を食べに向かいます。

自宅からすぐの国道一号線を湘南に下り、134号線に入って一路真鶴へ。真鶴から湯河原に入り、そのまま伊豆山を登って熱海を目指し、熱海から多賀、そして山伏峠を登って大仁町に。

大仁町までノンストップで2時間半ほど、さすがに疲れるので大仁のコンビニでひと休憩するのがいつものルーティン。そして、大仁からすぐの修善寺を通り、戸田峠を越えれば戸田港に到着です。

いつもあえて下道を通るのは、山伏峠と戸田峠はまさに最高だからです。多少スリリングではありますが、慎重に運転すれば問題なく、バイク乗りならかなり楽しめます。

さて、目的の魚重食堂は緑色の建物だからわかりやすく、駐車場も完備。そこでゲホウなどの深海魚のお刺し身盛り合わせ定食を食べれば、う~ん、わざわざ戸田港までツーリングしてよかったと、疲れが一気に吹き飛ぶ美味なのです!

やっぱり地方のおいしいものを目的にバイクを走らせるってのは最高ですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事


ページ上部へ戻る