涼しい風と絶景に癒される徳島の人気ツーリングコース

160325_01

紅葉の始まるころ、岡山から海を渡り徳島県へツーリングに行きました。

徳島出身の友人に聞くと、とにかく口をそろえて「大歩危に行け!」とおすすめされたので、助言に従い高松港から32号線を道なりに南下していくと徐々に山間部へと突入していきました。香川県を抜け、三好市に突入して20分ほど進むと32号線が2つに分岐しています。今回は250㏄と小回りの利く単車だったので、道幅は狭いけれど渓流沿いの絶景が楽しめる左側の分岐へ。

驚くほど山の中なので、とにかく狭い!左手には美しい渓流と紅葉の始まった山が楽しめますが、すれ違えないほど狭いのに対向車がかなりの頻度で来るので、正直気が気ではありませんでした(笑)。停車できそうなところを見つけてしばし散策、写真撮影。付近には祖谷温泉付きの宿屋などもあり、のんびりと一泊してみるのも良さそうでしたね。ちなみに右の分岐でも十分きれいですし、道の駅もあるので、車で来られる際にはそちらをおすすめします。

涼しい風と絶景に癒される徳島の人気ツーリングコース

渓流沿いにさらに南下していくと、噂の大歩危峠にたどり着きました。こちらは大きなお土産屋さんもあり、2輪車は200円ほどで駐車できました。一部では有名な蔓で作られた「かずら橋」や滝など、渓流を楽しむことができました。小腹満たしに売られているアメゴの串焼きや名物の祖谷そばなどを食べて満喫しました。

さらに南下し、徳島と高知の県境から20分ほど進んだところに、美空ひばりに縁のある樹齢3000年の大杉や、付近に「道の駅大杉」などもありました。秋冬であればおでんを食べて暖まりながら一服できます。

山の景色の楽しめる良いコースでしたが、10月下旬だったため、標高の高い山地である四国内陸部はなかなかの寒さでした。四国内陸部へのツーリングをご予定の方、防寒対策は必須ですよ!

投稿者:M

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事


ページ上部へ戻る