愛媛、佐多岬でじゃこてんツーリング

satamisaki160205

佐田岬は愛媛県、四国最西端にある岬です。佐田岬は日本一細長い半島で、半島の長さはおよそ50キロあります。ゆったりとしたツーリングを楽しむ事ができます。今回は愛媛県松山市から佐田岬への佐田岬へのツーリングルートをご紹介します。

まず、国道378号線を伊予市からひたすら南下します。まず、最初のポイントは、「道の駅ふたみ」です。こちらの道の駅は、駐車場も広く、ツーリングの休憩ポイントにピッタリです。こちらの道の駅は夏では海水浴も楽しむことができ、季節には多くの人でにぎわいます。こちらで是非味わってほしいのが、じゃこてんです。愛媛のじゃこてんは絶品で、こちらにある売店でじゃこてんが売っています。常に揚げ立てを提供してくださり、揚げ立てのじゃこてんは絶品で、何枚でも食べたくなる味です。また夕日の見える公園として有名で、日本一キレイな夕日が見えると言われています。

さらに「道の駅ふたみ」から南下し、国道378号線から国道197号線に入ると、いよいよ佐田岬半島に突入していきます。この197号線もツーリングポイントです。こちらの197号線は通称「メロディーライン」と呼ばれていて、一定の速度で走ると、道路の凹凸からメロディーが聞こえるというものです。バイクだとまだなかなかうまく聞こえた事はありませんが、自動車だと車内も盛り上がるんでしょうね。佐田岬半島に入ると、国道から海が見え、晴れている日は特にきれいな海がどこからでも見えます。

こちらの佐田岬半島でぜひ立ち寄ってほしいのが「しらすパーク」です。こちらは地元でとれた、新鮮なしらすを味わうことができるのですが、特に「生しらす」がオススメ。生しらすは新鮮ではないと食べることができず、通常スーパーなどで出回っているのは、釜揚げしらすです。全く釜揚げしらすとは異なった食感を是非味わってほしいと思います。

そして国道197号線をひたすら走ってゆくと、いよいよ先端部分です。駐車場からしばらく歩くと佐多岬の本当の先端に着きます。四国最西端からの景色は絶景で、行ったことのある人にしかわからない絶景、達成感もあります。天気が良ければ大分県も見えます。ぜひ皆さん行ってみてほしいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事


ページ上部へ戻る