北八ヶ岳、滞在型ツーリング

160521_01

東京からまず中央道で山梨県北杜市へ。北杜市では夏にサンフラワーフェスをやっていて、一面のひまわり畑を見ることができます。

北杜市からは、一般道で北八ヶ岳を目指します。

いくつかの一般道を経由していきますが、一番距離が長いのが国道20号線で、田んぼや山に囲まれたのどかな道を行くことができます。交通量も少なく、美しい緑が目に飛び込んできます。一般道をのんびり行くと2時間ほどで北八ヶ岳ロープウェイ乗り場に着きます。ここでバイクを停めロープウェイを利用してぜひ山頂まで行きましょう。

山頂からは、八ヶ岳連峰を見渡すことができます。

朝6時に東京を出発したとしたら、ロープウェイを利用したころには時間は14時くらいだと思います。
このまま帰ってもいいのですが、北八ヶ岳は星空が美しいのでぜひ夜までいてほしいです。北八ヶ岳ロープウェイ駐車場から諏訪湖まではバイクで1時間ほどです。諏訪湖周辺にバイクを停めて、湖畔を散歩したり食事をするのも良いかもしれません。

北八ヶ岳、滞在型ツーリング

夕暮れ時を諏訪湖で過ごしたら、立ち寄り湯を利用して汗を流すのをおすすめします。立ち寄り湯ですっきりしたら再び北八ヶ岳ロープウェイ駐車場へ行きます。ロープウェイは夜間は動いていませんし、施設も閉まっていますが、翌日の登山のために前泊している人や車中泊客のために、施設内のトイレが解放されています。トイレの心配をすることなく、星空を眺めることができますよ。

星空を楽しんだあとは、交通量の少ない深夜の中央道を使って東京へ戻ってもいいですし、どこかでキャンプをしてもいいかもしれません。

北八ヶ岳ロープウェイ駐車場は標高が高いのでとても涼しいです。中央道へ向かう途中に気温がどんどん上がっていくのを体感することができますよ。

投稿者:K

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事


ページ上部へ戻る