ヘルメットの比較と選び方

ヘルメットの選び方四輪自動車と違い、むき身で走るライダーにとって、ヘルメットは命を守る最も大切なバイクアクセサリーであると言えます。それぞれの長所と短所を知り、自分にとって最も良いヘルメットを選びたいものです。

最も安全な「フルフェイスヘルメット」

最近ではファッション性に富んだ商品も多く販売されていますが、安全面で言うとやはりフルフェイスが一番です。しかし、目的や好みによってそれ以外のヘルメットを使われることもあるかもしれません。

まずフルフェイスヘルメットのメリットはまず何より安全であるということ。それに顔に当たる風や埃、飛び石なども防げるという点です。密閉感はあるものの、慣れるとそれほど窮屈さは感じることはありません。
むしろ、密着感は安心感につながり、普段フルフェイスヘルメットを使っている方が、他のヘルメットを着用して走行すると不安に感じる方もいらっしゃるようです。

また、高速走行では風の巻き込みや風切り音も他のヘルメットに比べ比較的少ないようです。

頭部の上半分だけを保護する通称「半ヘル」

次に俗に半ヘルと呼ばれる帽子タイプのヘルメットです。
これは解放感と着脱のしやすさではメリットですが、安全面や飛び石や虫などの攻撃を受けやすいという点は大きなデメリットです。
筆者は以前、一緒に入っていたツーリング仲間の顔におおきな鳩が直撃するのを見かけたことがあります。
サングラスなどを掛けると目へのアクシデントは比較的防げますが、帽体自体の安全面を考えるとできれば後述のジェットヘル以上にしたいところです。

解放感と安全性の両立「ジェットヘル」

次にジェットヘルです。白バイの隊員さんが着用しているタイプです。
これは、フルフェイスと半ヘルの良いところを合わせたような商品で、半ヘルより大きな帽体と顔のほぼ全面をガードするシールドを持っているタイプもあります。
フルフェイスのような閉塞感はなく、視野も広く開放的な事から愛用されている方も結構多いです。
ちなみに筆者はフルフェイスとジェットヘルを使い分けています。
デメリットは、高速走行での風切り音や、形状によってはリフト感(ヘルメットが浮きあがる感じ)を感じることがあります。
あと、安全面ではアゴや口周りへの衝撃に対して弱いことです。
あまり考えたくないですが、四輪車に追突した時に、セダンならトランクやリアウィンドウにあごや口周りをぶつけてしまうことがあります。
ジェットヘルをかぶっていたけど、追突事故で前歯がほとんど差し歯になってしまったという話を聞いた事があります。

各ヘルメットタイプの特徴比較

全てのヘルメットに一長一短があります。自分が重要視する点や用途などで慎重に選びましょう。

フルフェイス
  メリット・・・安全、風、虫、埃などを防げる
  デメリット・・・着脱のしにくさ、閉塞感

半ヘル
  メリット・・・解放感、着脱のしやすさ
  デメリット・・・安全面、顔や目への不意なアクシデント

ジェットヘル
  メリット・・・フルフェイスに迫る安全面、フルフェイスよりは着脱しやすい
  デメリット・・・高速での風切り音、アゴ・口周りへの衝撃にやや弱い

安全性 解放感 着脱しやすさ 風切り音
フルフェイス
半ヘル × ×
ジェットヘル

どこで購入するか?

サイズについては各社メーカーによって「どれくらいが丁度良く、かつ安全を確保できるか」については明確な基準があるので、初めてヘルメットをかぶる方は出来ればネット購入ではなく実際の店舗に行って試着をしながら選んだ方が良いでしょう。主要なメーカーとしては「Arai」と「SHOEI」が有名です。それぞれのメーカーでもフィット感は違うので、頭の大きさや形、眼鏡の有る無しによっても付け心地が良いと感じるメーカーは人それぞれです。

いつも同じメーカーの同じサイズを利用している方は、大手バイク用品ネット通販の「バイクブロス」さんや「Amazon」などでのネット購入も便利です。



 

⇒ 編集部コラム 一覧へ戻る

ピックアップ記事

tr170102_00

2017.1.2

国道122号で足尾ツーリング

快走路122で足尾まで行ってきました。 足尾の街を抜け、銅親水公園の方へ。 松木渓谷の素晴らしい景色を見ることができました。 …

おすすめ記事


ページ上部へ戻る