バイク(自動車)の運転免許の取得方法

バイク(自動車)の運転免許の取得方法
筆者は現在、二輪の免許と四輪の免許を両方持っています。
学生を卒業した後まず四輪の免許を取りました。その後、四輪の免許に付いてきた原付の免許で原付ライフにはまりました。その後、大きなバイクに乗りたくなって、普通自動二輪を自動車学校で取り、その勢いで大型自動二輪を地元の試験場で5回目の試験でやっと合格し免許を取得しました。このコラムではバイクや自動車の運転免許の取得方法について取り上げてみたいと思います。

運転免許の主な取得方法

免許を取得する方法は色々ありますが、大きく分けると3つあります

1、公認自動車学校に通う
2、非公認自動車学校に通い、運転免許試験場で試験を受ける
3、合宿免許で取得する

 

どの取得方法を選んでも、最後の学科試験は必ず地元の運転免許試験場で試験を受け合格する必要があります。違うのは、実技試験をどこで受験するかという違いです。

ちなみに、学科試験を受けることができる場所は、

《学科試験を受験できる場所》
何か免許を持っている → 免許記載の住所地の運転免許センターなど
新規に免許を取得する → 住民票記載の住所地の運転免許センターなど

 

での受験となります。

次に、最終学科試験に至るまでの方法を、それぞれのメリット、デメリットを挙げながら比較してみます。

1、公認自動車学校に通う

まずは、「公認自動車学校に通って」取得する方法。
これが一番多いかと思います。高校や大学といった普通の学校とは違う雰囲気の中で教官に怒られたり、同期と話をしたりしながら卒業すると、なかなか良い思い出になるものです。

その昔、免許試験は全て試験場で取得していましたが、技術的難易度が高く合格者が少なかった為、公認自動車学校が作られました。公認とつくだけあって、卒業すると技能試験を免除になります(自動車学校内にて実技試験を実施)。普段の走り慣れた試験場内を運転するので緊張も少なく精神的にもゆとりができるため、合格しやすくなっています。でも、あくまで試験は試験なので、実技で失敗をすれば容赦なく落とされます。
公認自動車学校で技能試験に合格したあとは、地元の試験場で学科試験に合格すれば免許がもらえます。
教官と仲良くなると詳しく教えてくれたり、技術的に不足していても丁寧に教えてくれるので難易度は低めです。
取得までの期間は、通える日数にもよるので人それぞれですが、一般的には長くなる傾向があります。価格については各教習所によっても違いますがやや高めになります。

【 運転免許取得までの手順 】

学校で技能と知識を学ぶ

学校で技能試験に合格する

試験場で学科試験に合格する

免許取得


免許取得までの期間・価格:
 難易度:易しい
 期間:長い
 価格:やや高め

2、非公認自動車学校に通い、運転免許試験場で試験を受ける

この方法を選ぶ方は「1」に比べるとやや少ないです。非公認の自動車学校で技術と知識を習得し、地元の公安委員会の管轄する運転免許試験場や運転免許センターで取得する方法です。
最後に筆記試験を受けなければいけないのは「1」と同じですが、技能試験も試験場で受けなければいけません。
非公認自動車学校の場合、運転技術は教えてもらえますが、本試験当日は走ったことのない試験場のコースを走らないといけないので緊張もしますし、コースを覚えるのも意外に難しく、どうしてもミスも多くなります。そのため二輪の場合は特に一回目で合格する人はほぼ皆無といわれています。

筆者の場合では、中型二輪の免許は「公認自動車学校で取得」し、大型二輪の免許は非公認自動車学校に通う代わりに独学し試験場で合格を狙いました。
中型の卒業直後だったので、まだ体が法定走行を覚えていましたし、自分のバイク(オフロード)でスラロームや一本橋の練習もしました。一発で合格するだろうと思っていましたが、大型バイクの重量感や取り回しのしにくさに苦労し、合格まで結局5回試験を受けることになりました。
少ない回数が合格することもありますが、10回以上受けても受からない場合もあります。合格しないのは、何か技術的なエラーがあるからですが、全て出来たつもりでも合格にならなかったりすると、何が悪いのか分からなくなってきます。なので必ずしも皆様にはお勧めしません。

 

おそらく何回か試験を受けるようになると思うので、コストや期間は個人の技能にかかってくると思います。あと試験は平日しか行われていないので、平日にある程度時間が取れることが必須条件となります。

【 運転免許取得までの手順 】

学校で技能と知識を学ぶ

試験場で技能試験を受け合格する

試験場で学科試験に合格する

免許取得

 

免許取得までの期間・価格:
 難易度:難しい
 期間:技能試験の合格次第
 価格:普通

3、合宿免許で取得する

合宿免許は、主に公認自動車学校に缶詰状態になって超短期で免許を取得する方法です。市街地からは少し離れた自動車学校と近くのビジネスホテルなどが提携して受け入れており、泊まり込みで免許取得をする方法です。主な手順は「1」と同じで、自動車学校で技能試験を合格した後に、地元の試験場で学科試験のみを受験するパターンです。

合宿免許のメリットは何と言っても価格の安さです。ほとんどの施設が宿泊料込みの値段で設定されており、宿泊料を含めても通学タイプの自動車学校に比べても安いところがかなりあります。

まとまった期間が必要にはなりますが、超短期かつ格安で免許が取得できることと、同じ宿泊施設で同じ学校に通う仲間同士が仲良くなれることがメリットです。地方や自動車学校などによっても期間や料金の設定が様々です。

全ての教習所が合宿免許を受け入れているわけではないので自分で探す必要がありますが、合宿免許は結構人気のようで比較サイトなどが多数あります。以下はあくまで一例ですが、参考にして頂きながらお住まいの地域を基準に合宿免許を受け付けている自動車学校を探してみて下さい。

合宿免許を受け付けている自動車学校の比較サイト
・ 合宿免許プラス
・ 免許合宿ライブ
・ 教習所.com
・ 合宿免許受付センター

【 運転免許取得までの手順 】
学校で技能と知識を学ぶ

学校で技能試験に合格する

試験場で学科試験に合格する

免許取得

 

免許取得までの期間・価格:
 難易度:易しい

 期間:超短期
 価格:安い

まとめ

同じ免許で取得方法によって価格も違えば取得までの日数も違います。
もちろん取得した免許自体に、取得方法による違いはありませんが、せっかく一生に一度なので後悔のない、そして思い出に残る方法で免許を取得したいですね。

それでは、ぜひ自分に合った方法で免許を取得し、楽しいバイク(自動車)ライフを目指しましょう。

⇒ 編集部コラム 一覧へ戻る

ピックアップ記事

160208_01

2016.2.8

日光、いろは坂を駆ける

栃木県を代表するワインディング・峠道と言えば、日光いろは坂が思い浮かびます。 その道のつくりから、スピードを出して走るような場所で…

おすすめ記事


ページ上部へ戻る